読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大家の手帳

通勤サラリーマンが競売不動産を落札してDIY。 募集から自主管理まで行うために必要な情報を「忘備録」にしました。

サラリーマン大家が「一棟まるごと」DIY!

人口減、高齢化社会と言われようとも、

建て続けなければ生計が成り立たない、
多くの建築関連業者。

安物建材と外国人労働者を使い、
今日も「箱物」を完成させている。

 

そんな物件も、豪華な広告に化けて出てくれば、
素人目には善し悪しの見分けがつかない。

週末行事のように戸建てやマンションを探す、
友人らの自慢話を笑いながらに聞き流し、

 

ごく普通のサラリーマンを装っている。 

 

時として「競売物件は安く買える!」と、
雑誌やテレビで見たままの雑談。

経験を積み、数々の苦難を乗り越えてくれば、
助長する気にはならない。

 

これまで世の中が敬遠してきた「競売不動産」。

 

その誤った誤解をしてきた今日までに、

秘かに物件を激安に買い進め、

セルフリフォームを自ら行い、

鍵がかかり、水が出て、排尿が出来る「箱物」を完成させ、

 人に貸し、わずか一年程度で全投資額を回収する、

利回り80%を超えた異常とも言える、

賃貸手法を実践してきた。

 

これが本当に大家業として正しい道なのか・・・私も解らない。

 

しかし、

 

建物は24時間365日、

雨の日や風の日、雪の降る寒い日でも、

文句を言わずに通帳の数字を増やし続け、その勢いは止まらない。 

 

セルフリフォームから始まり、直接の入居者募集、契約から管理まで。

 すべてを自らで満室に仕立てる賃貸手法。

 

今後も物件を増やしていこうと思う。

 

いつの日か、


競売業と転貸、用途変更を叩き入れてくれた師匠を超え、

手取り現金が年3億円に達したとき、

この趣味に終止符を打ちたいと思う。

 

 

がかかり、が出て排尿が出来る、づくり。 次郎

鍵水箱次郎

http://ooyanotecho.com